2016-12-05

季節感ある沖縄の花

とうとう、今年も師走を迎えました。

でも昨年の今頃を思い出すと、我が家の庭でおなじみの花々の季節が一ヶ月以上遅れているのに気づきます。

そう、ツワブキやクワンソウです。彼女達の開花が昨年に比べると1ヶ月以上も遅いようなのです。

12月に入ってやっと花芽が伸びてきて、ツワブキは黄色い花を咲かせ始めました。


そして小ぶりのオレンジ色のユリのような花、クワンソウもやっとのことで花が咲き始めましたが、まだまだこれからの様子。今年は咲かないのかと思っていたら、こんなに遅くなって咲き始めるなんて・・・。昨年は確か台風シーズン中に沢山の花をつけていたはずですから、9月や10月から咲いていた、ということになりますね。

花が咲くのに季節感が伴うと、やはりより風情を感じます。

ヒマワリが冬に開花したり、コスモスが年に何度も花をつけたり、ハイビスカスが一年中咲いたりしている沖縄ですが、そんな中にあって、ツワブキやクワンソウはそれなりにしっかり季節を感じさせてくれる花なのです。何をきっかけに咲くのかまだ私達にはあまり定かではありませんが、咲く時期は年に一時期だけ。ということで、ここでは貴重な「季節感ある花」となっています。

どういう理由かはわかりませんが(多分夏シーズンが10月末までしっかり続いてかなり遅くまで暑かった事が影響しているのでは、とも思っているのですが)、今年のツワブキさん達はしかし、昨年より1ヶ月ほど遅れの図らずも本土と同じ時期に花が咲くことになったようです。(11月に入り急に秋らしくなり、気温が20度台前半になる事が多かった為に、この間に季節の変化をしっかり感じて開花が促されたとしたら、やはり彼女達の開花には日照時間より温度の変化が重要な要因ということかもしれませんね。)

ただ、神奈川在住当時ツワブキの花は12月の寒さと共に味わうものだったので、同じ12月の開花といっても、沖縄では「少し涼しい」程度の中での観賞です。同じ花を「季節感」を感じながら眺めていても、なお、その「季節感」自体には違いがあり、肌で感じるその違いをあらためて面白く思います。

桜とは異なりますが、那覇市内の街路樹としてよく使われている、夏シーズンが終わると咲き始めるホウオウボク(鳳凰木)や、寒くなってくると咲き出す、トックリキワタも季節を感じさせます。時期が違うので重なることはありませんが、桜と同じように樹全体が淡いピンクに染まるので、写真にして、遠景でみると沖縄のヒカンザクラとトックリキワタは区別がつきにくいですね。

その一方、別の方角に目を向ければ、当然のようにブーゲンビリアもハイビスカスも咲いています。店頭にはもぎたて県産みかんと共にもぎたて県産バナナも並んでいます。やはり「さすが、沖縄」というべきでしょうか。

2016-11-20

緑のカーテンから赤紫の果実

11月中旬にちょっと季節外れ?な話ですが、「自家製パッションフルーツ、ついに収穫!」です。


整体院の横の窓を覆う日よけとして大いに役立ってくれている緑のカーテン、パッションフルーツですが、10月の台風前に沢山花を咲かせ、実をつけ始めました。残念な事に台風の影響(直撃はしなかったものの、そこそこ強風は吹き荒れました)でその多くは落下してしまったのですが、それでも残った果実がとうとう熟し、食べごろを迎えました。


そもそもパッションフルーツの旬は5月から7月。なので、8月に入り、「うちのは今年はもう実をつけないだろう」、と諦めていたところ、知り合いの方から、「9月に枝を剪定すると秋にも花を付けますよ」、と教えて頂き、それでは「駄目もとでトライしてみよう」、と、9月に剪定したところ、言われたとおり9月の後半には再び花が付き始めました。そして急いで人工授粉を試みたのが幸いしたのか、すぐに結構沢山の実を付けてくれたのです。


10月初旬の果実は写真のような緑の玉。受粉が成功したものは花が終わるとすぐにこのような大きな緑の玉になりました。この時の直径は既に、熟れた果実の8割程度はあったでしょうか?結実後の成長は驚く程早かったのですが、その後はゆっくり熟すようです。台風で落ちてしまったこの若い果実を試しに割ってみると、未熟な種らしきものがうっすら見えましたが、ナスやウリのような白い部分がほとんど。「野菜として食べられるかしら?」という考えもチラリと浮かびましたが、重さもないので、やはり食べる勇気は出ず、菜園の肥やしになってもらいました。

落ちずに残っていた果実達、11月に入りそろそろ熟すかも、と楽しみにしていたのですが、1週間ほど前にはまだ一部の実が赤くなった程度だったものが、昨日覗いてみるとすでに落ちている実もあり、慌てて全て収穫、です。

落下していた実も味見してみましたが、とても美味しく頂けました。
数は多くないですが、旬のものにひけをとらない、濃厚な酸味と爽やかな甘み一杯の自家製パッションフルーツをこれから暫く楽しめると思うと、なんだか嬉しいですね。

パッションフルーツの原産地はアメリカ大陸の亜熱帯地域だそうですので、ここ亜熱帯沖縄もパッションフルーツの育成には適しているはず・・・。来年には春から夏の時期にも収穫できるよう、挑戦してみようと思っています。

2016-11-16

沖縄南部、秋のスーパームーン

以前にもこのブログに書いたような気がしますが、一昨年でしたか、私の住むこの沖縄南部で初めて観たスーパームーンの大きさには本当に度肝を抜かれました。


素人写真でそれを表すのはなかなか難しいので言葉での表現になってしまいますが、食べ物に例えると、例えば通常の月があめ玉位とすると、スーパームーンはまるでお煎餅くらいの大きさに見えた、ということで、初めて目にした時は本当に口が開きました。

周りに高い建物も無く、夕方という時間帯に、少し離れた丘の上から眺める「海に昇る月」、という幾つかの条件が重なってのことだろうとは思いますが、それが水平線を離れかなり高い位置に昇って、暗い夜空に白く明るい光を放つようになってもなお、かなりの大きさを維持しているかのように見えたのが、更なる驚きでした。

月のようなものの大きさも、観る角度や空気の状態、見る側の心理や錯覚等、様々な影響を多分に受け易いのは経験上分っているつもりですが、実際のところ、スーパームーンとは、

「地球にもっとも近づいた状況で満月あるいは新月になった月の姿、あるいはその現象。見かけの大きさが平均より大きく見える。地球から月までの距離は、約36万3000キロメートルから約40万5000キロメートルの間で変動する。月が地球にもっとも近づいたころに満月になると、満月の見かけの大きさがもっとも遠い位置にあるときに比べて約14%大きく見え、約30%明るくなる。(日本大百科全書)」

ということなのだそうです。

うーん、最大でも14%程度大きく見えるだけなんですね?・・・。私の印象よりも実際は小さめだったのかもしれせん。でも14%程度なら、あれ程には驚かなかったように思うのですが・・・。

今夜もスーパームーンとなる、ということでしたので、楽しみにしていたのですが、今日の月は昇る位置も以前とは異なり、海ではなく南東に広がる糸数の丘の上から、でした。で、以前の時と季節も異なっていたようで、そのせいでもあるのか、このスーパームーンは「若干大きく見えるかも」、程度で、通常と大して変わらない感じ。ちょっと期待はずれ、でした。

またいつか、あんなに大きく見えるスーパームーンを観てみたい、という望みは失っていませんが、そう簡単に見えるものでもなかったのかな、とも思います。あの時の観賞がより一層レアで貴重な体験だったかも、ということで、「思い出の価値」の増した今宵ではありました。(2016/11/14)


2016-11-04

沖縄秋めく

11月に入った途端、沖縄の気温はガクンと下がり、昨日は冷房無しの室温が日中でも27度に届かず、今朝の室温も24度台で、もうビックリです。


朝刊によるとこれは、「大陸から張り出した高気圧に伴う寒気の影響」、だそうで、国頭村や南城市では最低気温18度台を観測。県内各地で今季最低気温が記録された、のだそう。

つい先日までは半袖半ズボン、まだ夏の終わり、といった雰囲気満載だったので、日付が一日進んだだけで、一気に季節が「秋」に突入した、感じ。


ここ数年はずっと、9月の半ばあたりから時たますこーし涼しい風が吹いたりし始め、微かずつ「秋」の気配を感じる、といったこともあったのですが、今年は10月後半に入っても暑い日続き、で、沖縄寄りの南の海の水温は高いまま維持され(エルニーニョ後のラニャーニャの影響?)、おかげでこの時期になっても比較的近い海域で「猛烈な」台風がばんばん発生。何度もハラハラして過ごしていたので、カレンダーをめくった途端のこの気温の落ち込みには、なんだか裏切られたような気もして、ちょっと腹立たしさも覚えます。

でも新聞の見出しは、「ようやく秋風」。暑さ慣れしている沖縄の皆さんでも待ち遠しかった涼しい風、ということでしょうか。

そうですね、やっと冷房も暖房もいらない快適なシーズンを迎えたのかもしれません。ここ数日は湿度も高くなく、本当に爽やかそのもの。赤く染まる大きな夕空を眺めながら、風に揺れるサトウキビ畑の間をグングン進む、週末ウオーキングには最適です。


ただ、このままこの「秋」がずっと留まり、さらには「冬」を迎えるのであれば、本土のようですけれど、ここは沖縄。多分そんなことにはならず来月中旬位までは、また時折そこそこ暑く感じる日も混じってくるのだろう、というのが、私の予想です。

それでも、本土と比べたら、やはり一年を通じて過ごし易い日が多いのは確かです。穏やかに暮らせるこの幸せに、感謝しなければ、と思います。

2016-10-30

沖縄の台風シーズンが終わって

シーズンが終わってみれば、とってもありがたい事に、今年の本島地方はむしろ直撃台風の少ない年、となりました。本島を直撃した台風は実質的には皆無と言っても良いのでは、と。

平穏無事で良かったニャー・・・。


学校や多くの会社、公的機関がお休みとなり、気象庁が特別警報まで発表するに至った台風18号は、本島近くで急激に915ヘクトパスカルまで発達。最大瞬間風速は70メートルを超えるとも予想され、文字通り「猛烈な強さ」の台風ではあったのですが、大きさが小さかったせいなのか、本島の西側に位置する久米島には直撃したものの、本島自体はかすめる程度。エリアメールが何度も届き、「最大級の警戒をして下さい」と呼びかけられたものの、実際には拍子抜けする程穏やかなものでした。


我が家でも大きな窓ガラスの前にはネットをかけたり、長い停電に備え蓄電したり、水を湯船にためたり、食料を買い込んだり、と万全の準備で臨み、気持ちの上でもかなりの緊張を強いられましたが、何事も無く通過してくれて、本当にホッとしました。

実際我が家の庭の植物達のダメージも、今年はむしろ例年以下。おかげで、今ではかなり旺盛に繁っています。

ただその一方で、今年は日本列島を襲った台風のかなり多い年となったのではないでしょうか。そしてそのコースも異常な感じのものが多かったですよね。日本海側から本州を太平洋側に横切ったり、北から南へ進み、またUターンして北に戻るとか、北海道を襲う、とか・・・。更には、台湾には3度も猛烈な台風が直撃。そして、あちらこちらの被害も甚大でした。

そして、4月には熊本地震、阿蘇山の噴火、そして10月8日に再び阿蘇山の噴火、21日には鳥取で強い地震・・・。これらが、次の数年内の南海トラフの大地震につながる、と予想している専門家も多い、とのこと。

最終的には寒冷化する、という意見もあるようなので一時的なものなのかもしれませんが、現在進行中の地球温暖化、そして東北地方太平洋沖地震等によって、日本列島は(そして世界中の多くのエリアが)、私達の住むこの沖縄も含め、やはり天変地異の起こり易い時代に突入した、というのは多分間違いないのだろう、と思っています。

そもそも今地球上で起こっている天変地異、というのは一年や二年で収束するものではないのでしょう。もっと長いスパンで、天変地異の起きにくい時期と起き易い時期が繰り返し発生しているとするなら、私達はいよいよ天変地異の起き易い数年から数十年、ひょっとしたら数百年という単位の時代に入った、という事なのかもしれませんね。

私達も「台風の被害が無くて良かった」などと、安穏としていると、そのしっぺ返しをうけることもあるかもしれません。物事は良い面と悪い面が常に表裏一体・・・。そんなことを口にすると、心配性だと言われそうですが、今の日本や世界の様々な災害状況を目にすると、一喜一憂してはいられない、もっと差し迫った状況があるかのように、ふと感じてしまったりするのです。

大きな地震が起きる度に、2011年の地震とその後を思い出します。

関東の南の端の方に居ても立っていられない程の強い揺れ。海岸に近い所に住んでいたことで、津波の恐怖に怯えながら一晩を過ごしたこと。公共交通機関が麻痺して、帰宅難民で溢れ、中には数十キロを一晩かけて歩いて帰った人々。それでも、一日で家に帰り着けた方々はまだ幸せだったこと。そして、その後に起こった福島原発の爆発・・・。

長い夏の終わりに、台風の被害が無かったことを喜ぶと共に、21日に発生した鳥取地震について考えさせられ、このようなことがもう極力起きませんように、と強く願うと共に、万が一起きてしまった時のことを想定して、取りうる対策は少しずつでも立てておかねば、と心を新たにしています。

幸いにも鳥取での被害は報道ではそれほど大きくはなかった様ですが、熊本の地震では多くの方が家を失い、コミュニティー単位で影響を受けて、その傷跡はまだまだ癒えていない状況と報道されています。

さらには福島を含め東北地方は5年以上が経過しても未だに被害から立ち直ったとは言えない状況である、との報道もなされています。

我々も、今年台風が来なかったからからといって対策を怠ったり気を緩めていると、来年より大きな被害が出ないとも限りません。

極度に怯えたり、神経質になってはいけないのはむろんですが、でもそんな心理に陥らない為にも、常に冷静に、色々な状況を想定し準備しておくことは、とても大切なのでしょうね。

ここ沖縄では10月27日から今日までの4日間、5年に一度の「世界のうちなんちゅ大会」が開催され、様々なイベントが目白押しです。世界中に広がった県系移民の方々とのネットワークを一層充実させ、親睦、交流をはかるのが目的のようです。

互いに助け合って困難な状況を克服し、それを次のより良いステップにつなげていくたくましさの現れ、のようでもあり、こうした人々とのつながりや絆も非常時に大きな力を発揮する事があるのかもしれませんね。

「台風シーズンの終わり」というのは、沖縄在住の我が家にとっては一年の大きな節目の一つになっているような気がしています。

で、その節目のタイミングに考えた事を少し、今日は久々に書いてみました。